スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefox のサポート言語が英語

<症状>
Bugzilla-jp とかで英語表示になってしまう。

<バージョン>
Firefox 3.0.1

<詳細>
以下でサポート言語を確認。
[ツール] - [オプション] - [コンテンツ] - [言語設定]
"日本語 [ja]" が一番上に来ているのに、何故かサーバーに渡される環境変数 HTTP_ACCEPT_LANGUAGE が "en-us,en;q=0.5" になっている。

<環境>
英語版 Firefox をインストール。その後日本語パックを追加。
言語の切り替えは、User Agent Switcher を使用。

<原因>
英語版 Firefox に日本語パックを追加したときに起こる模様。

<解決方法>
[ツール] - [オプション] - [コンテンツ] - [言語設定]
"日本語 [ja]" をいったん削除し、再び追加する。
すると、環境変数 HTTP_ACCEPT_LANGUAGE が "ja,en-us;q=0.7,en;q=0.3" となり、無事に Bugzilla-jp などで日本語が表示されるようになった。

<参考>
以下の情報を参考にしました。

http://forums.firehacks.org/l10n/viewtopic.php?p=1294&sid=ba2d36e6d8f2b47fa8d20c7c5ffe4dfd
以下引用:
firefox 0.8 から 0.9.2 にアップデートし, 0.8のプロパティインポートした後に
JLP(xpi版) を当てたところ,HTTP_ACCEPT_LANGUAGE が(インポートされ,
オプション設定では ja-JP が一番上になっているにもかかわらず)
有効になっておらず,en-us, en になっております.
(また, HTTP_USER_AGENT が en-US のままになっております.こちらは具体的な問題が
生じることは少ないと思いますが)

これによって言語自動判別を行うサイトでは望まない言語による表示が行われます.
オプション>全般>言語において ja-JP をいったん削除し,再び追加したところ問題は解決しました.
(「Mozilla L10N - Mozilla Firefox JLP 不具合報告」より引用)



関連記事:
Firefox で言語(ロケール)の変更が突然できなくなった
http://lowandsh.blog44.fc2.com/blog-entry-8.html
スポンサーサイト

theme : Firefox
genre : コンピュータ

comment

Secret

プロフィール

lowandsh

Author:lowandsh
趣味でパソコンをいじってます。
Image

カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。